塗装 茨城県 屋根 外壁 守谷市 龍ヶ崎市 つくば市 柏市 プラチナコーティング
地元職人の「本物の塗替え」専門店 株式会社プラチナコーティング
推薦の声・お客様の声
推薦の声をいただきました。
「厳しい入会審査がある「塗替研究会」にプラチナコーティングは所属しています。日々、塗装の知識や技術をお互いに切磋琢磨し高めるために全国の代表が集まっています。良きライバルでもあり、仲間でもあるプロフェッショナルな同業者から推薦の声をいただきました。」
日本塗り替え研究会 会長 有限会社ペンテック 代表 田中茂
大野さんに初めて会ったのは、羽島市文化センターで開催した塗り研の例会の時でした。「何で坊主頭なんだろう、又それを隠すように白い帽子をかぶって、変な人。」って、思いました。しかし、その夜一緒にお酒を飲み、塗装のことを語り合いましたよね。話せば話すほど何故この人はここまで熱くなれるのかと、不思議に思いました。そして、あなたが内に秘めた強い思いを知りました。そして、私はあなたに言いました。

「今まで先輩にたくさんのことを学んだやろ、これからは大野さん、あなたがやらんとあかん!あなたが時代をひっぱていく番だよ。」と、酔っ払っていたので覚えてないでしょうか。
今でも、そう思っています。

あなたは、それができる人です。なぜなら、義理堅くて思いやりがあり、先見性と決断力があるからです。

その根源にあるものはきっと、「幸せを届ける心」ですよね。
その心を大切に持ち今の時代を生き抜き、社会の力になってください。
大野さんの今後のさらなる活躍を期待します。
静岡の掛川スズキ塗装 代表親方 鈴木和洋
大野さんぱっと見た感じは少し怖い感じですが、お話ししてみると優しい話し方で心優しい二児の父親といった感じです。
初代の社長さんで創業当時のお話を良く聞き苦労されたんだなぁ~
私にはとても真似できないくらいの頑張り屋さんです。

塗料のことはもちろん勉強してますが、家の構造にも詳しくいつも私も学ばさせてもらっています。
同じ業界にいる私たちからみても、特に塗料の知識は全国的にもトップクラスの豊富な知識がありますね。
かくれて、かなり勉強したんじゃないですか?
過去にはいろんな失敗もしたと思いますがそんな大野社長は自分が苦労しているからこそ、お客様と従業員の痛みが理解できるのですね。
これからも地元茨城の為、そして地元のお客さんが塗替えリフォームで失敗しないように本物の塗替えを提供してあげて下さい。
神戸の白川工芸社 中根喜一郎社長
大野さんに初めてお会いしたときの印象は今でもはっきりと覚えています。
この方はすごい人だな!それが率直なイメージでした。大野さんは自分自身のことを隠さず話されます。
私ともいくつもの共通点がありました。実は私も父への強い尊敬の想いがありリフォーム業界に入りました。
私は幼い頃からずっと父の後ろ姿を見てきたのです。父の軌跡を辿れば辿るほど、この荒んだリフォーム業界が悔しく残念でなりません。目先の利益ばかりに目がくらみ悪徳業者も増えました。
たった一人では何を唱えても何も変わらないかもしれない!しかし、同じ価値観を持った人間は必ずいるのです。
大野さん!今の私たちに、どこまでできるかはわかりませんが、これからも誠実な仕事を心掛け「日本の心」を守っていきましょう。これからも末永く宜しくお願いいたします。
有限会社ペイントショップ 栄和 伊藤文義社長
大野さんと、初めてお逢いしたのは、日本建築塗装職人の会での、勉強会のときでした。
会員のメンバー紹介で、お顔を写真だけでは拝見しておりましたが、茨城には、いかつい顔した塗装店の方が、この日本建築塗装職人の会に入会したんだな。そんな印象でした。

いざ、お逢いしますと、写真のイメージとは違い、温かみのあるステキな笑顔と、独特の方言(しゃべり方)での会話に、一気に魅力を感じ、また何か、同じ人種的な臭いを感じました。

私、伊藤も、今では、地元を愛する塗替え専門店として、日々、どうやったらお客様を喜ばせられるかと考えておりますが、右も、左も解らなく、何に燃え、何処へ向かえば良いのか迷っていた青春時代は、バイクで走り回り、その当時では、今とは違う、地元の方に迷惑をかけてしまった。若い時代を通ってきました。

話を聞くと、大野さんも同じ様な人生を歩んだようで、だから、同じ様な臭いがしたんだと後になって気付きました。

そして、更に同じ部分は、若い頃、地元の方に迷惑をかけてしまった分、大野さん・伊藤が共に大好きな塗装の仕事を通して、地元の方に貢献していきたい。

大野さん・伊藤の様な、若い頃飛び回ってしまった人間は、本当は、生まれ育ったこの地元が大好きなんですよね。

そして、だからこそ、この塗装の仕事に関して、妥協・手抜き・更にお金だけが目的で、ウソを言ってまで仕事を頂こうとする業者が許せません。

大野さんは、茨城県取手市、私は、静岡県富士宮市、地域は離れていますが、同じ臭いがして、同じ志を持ち、そして更に、切磋琢磨できる大野さんは私の大切な、塗装道の仲間です。大野さんを見ていると、見た目と人間性のギャップに物凄く魅力を感じ、それ以上に伊藤よりかなりお若いのに、本当に塗装が好きで、本当に地元の方の為に、正義感を持って日々精進している姿を見ています。毎日、書いております。大野さんのホームページでの、日々の日記(ブログ)、これらを知ったら、大野さんの人間性に惚れ込む人が増えるでしょう。私も、男として惚れましたし、実際の、塗装工事も、施工法・仕上げも、こだわりの塗装集団ですから極上です。静岡県富士宮市で、地域一番店の伊藤が、本気でそう思っております。茨城の皆さん。取手には、本気の塗替え専門店がありますから、塗替え時期になったら相談してみてください。伊藤がお勧めします。
そして、大野さんこれからも、共にこの道で、地元の方が喜んでいただける様に、塗装工事を通して、お客様も、そして会社も、自分達も、全てが豊かになる様に、頑張っていきましょうね。

追伸・・・
大好きな、塗装工事の仕事で、地域地元の方にどれだけ貢献していけるか?もっと、塗装の事を深く学びたい。
そう考え、追及していったら、大野さん、伊藤が所属しています。日本建築塗装職人の会に行き着きました。
そこで、私は、大野さんと知り合い、今では、戦友の様にお互い生きております。
この出会いには、きっと、「お互いの地元に、お前たちは、塗装工事を通じて人を喜ばせなさい」その様な意味がある永遠の宿題を出されたのかも知れません。 大野さん。この宿題本気で取り組もうね。
これからも、宜しくお願いします。
アステック住宅塗り替えガイド
住宅を塗り替え、業界を塗り替え、日本を塗り替える 日本塗り替え研究会
ページの先頭へ